『えっ! 朝青龍? すすきので出会った衝撃的ビジュアルのデリヘル嬢』

昨年の冬。久しぶりに高校時代の友人から連絡があり、電話に出てみると、出張で福岡から札幌に来ているのだそう。「今、すすきのにいるから会おうぜ!」約5年ほど会っていない友人からの言葉に嬉しくなり、即承諾。胸を躍らせ、勤務地の大通りからすすきのへ向かった。

5年ぶりの友人との再会。話はつきなかった。高校時代の話、大学の話、仕事の話、恋愛の話……。3時間ほど居酒屋で話し、2人ともいい具合に酔っぱらってしまった。

もう深い時間となり、これからどうしようかと思ったとき「友人がデリヘルに行くこと」を提案してきた。私も酔っぱらっていたこと、そして彼女がいないこともあり、2つ返事でOKし、近くのキャッチ―のお兄さんに声をかけた。

友人もその辺は慣れているのか、スムーズに価格交渉をやってのけ、AKBにいそうな女の子を案内してもらえることになった。

心も下半身も興奮させながら入店。それぞれ小部屋に分かれ、ドキドキしながらデリヘル嬢を待った。5分ほどして「トントン」とノックが鳴り、扉がガチャっと空いた。さて、どんな可愛い子がいるのかな~と姿を確認すると……『えっ! 誰』……。

事前の写真で見せてもらったAKBにいそうな女の子はそこにはおらず、立っていたのは元横綱、モンゴルの最強力士・朝青龍瓜二つの女だった。

女は不愛想な表情で「お待たせしましたー」と言うと、なんの恥じらいもなく、服を脱ぎはじめ、淡々と「シャワー浴びましょうか」と口にした。それからは……あまり覚えていない。なんというか、サービス自体も淡々と、まるで事務作業のように……機械的にヌカれた。

今まで経験は少ないにしても、何回か風俗を利用してきたが、今回ほど事前の写真と違ったことはなかった。あれ以来、デリヘルは行っていない。ちょっと、自分の中でトラウマになっているのかな……。

すすきのデリヘルでお酒を飲みながら汗だくプレイ

すすきののビジネスホテルでデリヘルを呼びました。土地柄、普段はソープに行ってしまうのですが、たまには部屋に呼んで遊びたい、という欲求にかられ、近場のデリヘルにお願いします。

呼んだ女の子は20代前半。以前も入ったことのある女の子で、中の中といったところでしょうか。壇○を若くしたような雰囲気の女の子です。話がとても合うので気にいっていました。

すると女の子が、「今日、もうデリヘルラストだからお酒を飲もうよ。私がおごるから」と提案してきます。話もちょっとしたかったので時間もたっぷり(2時間半)あり、ちょっとくらいいいかな、とお酒を買ってきて宴会のスタートです。

飲み始めると女の子のペースがめちゃくちゃ速く、ものの10分で酔っ払いの出来上がりです。女の子に合わせて飲んでいた私もへべれけです。

それからはシャワーも浴びずに(事前に浴びたか確認はされましたが)プレイの開始です。アルコールで上気した肌が触れ合うともう暑くてすぐに汗をかいてしまいます。

汗だくになりながら求め合うのは、本当に恋人としているようで興奮しました。それが恋人でなくあまり知らない子だと思うともっと興奮しました。汗で肌が張り付く感覚は素晴らしいです。いつも以上に体をなめてしまいました。

プレイ内容自体は普通でしたが、お互い酔っ払いながらの汗だくデリヘルプレイは今までで一番興奮したデリヘル体験でした。

すすきののデリヘルは普通の奥さんが登場

すすきのでデリヘルを利用すると電器量販店の駐車場が待ち合わせ場所になることが多いのですが、この時は車ではなかったのですすきの駅の北口で待ち合わせをして近くのラブホテルに入りました。

昼間だったので部屋も空いていました。やってきた女性は30代前半の女性で、エレベーターの中でも積極的に私の股間をいじったりしてきました。

そのため部屋についたころにはすでに勃起状態だったので、すぐに風呂に入ってプレイを始めました。女性は手つきもよく、唇も非常に柔らかかったのですぐに射精してしまったのですが、15分くらい世間話をしたときに、人妻で子供もいるということを聞いたらまた勃起してきたので、立ったままの姿勢でフェラチオしてもらいました。

亀頭だけでなく肛門などもソフトに触れてもらえたので、気持ちよさがずっと続いて射精するのがもったいない気持ちになりました。

最終的には女性が私の上に乗って性器をこすりあわせる素股をしたのですが、彼女のアソコがすでに濡れていて非常に感触が良かったので危うく本番行為をしてしまうところでした。

女性の方も感じていたので二人で抱き合いながらフィニッシュできたので、100点満点のデリヘルサービス内容だったと思っています。

すすきののデリヘル嬢を自宅に呼んでみた

すすきのでデリヘルを利用するときに自宅を利用するのは、料金を安くするのが目的なのですが、我が家に来る前に水回りの掃除をしたり、布団をきれいに敷くなどの面倒もあります。

私はすすきののマンションに住んでいるので、近所の人の目も気になるのですが、デリヘル嬢はだいたい清潔な服装なので大丈夫かなと思っています。

部屋に入ってきて少しリビングでお話してから体を洗いサービス開始になりましたが、話がはずんでしまって仲良くなったのでちょっと微妙な感じです。

最初は69でお互いを舐めあって興奮してきたら、体を舐めあってアソコに指を挿入して喘ぎ声を楽しみました。私は気分が乗らないとセックスがつまらないので、必ずアソコをいじるのですが、上手に触ってあげるとサービスもすごく良くなります。

素股をして二人で感じ合ってから、最後に勃起したペニスを手コキしてもらって、見事にフィニッシュを迎えましたがあまりに相性が良かったので、終わったあともマッサージなどをして抱き合って過ごしました。

すすきの駅周辺のホテルでのプレイに比べると落ち着いた気持ちでできるので、自宅にした本当に良かったのですが、住所を知られてしまうので、あまり思い切ったプレイができないという感じもありました。

友人に誘われて夜のすすきの街へ行った時のエロ体験

私は夜のお店に興味がなかったわけではありませんが、結婚する前に友人に誘われて飲み会の後に夜の街に行った時の話です。

夜の街といいましても、ご存じの通り多種あります。

その中でも私が言ったお店はおっぱぶというところになります。

性行為はなく、女性が上半身裸となり、時間が来ると膝の上で私の膝の上をまたぎ腰を振ってくれます。

それが終わると普通にキャバクラのように飲み始めます。

その間お酒は飲み放題でしたが、初対面で微妙な容姿の女性がつくと会話は盛り上がらないうえに苦痛の時間が始まります。

顔をみて選べるようなシステムではなく、順番に均等に回るようにはなってます。

お金を支払えばそれなりにサービスは向上しましが、性行為などはないので、中途半端にむらむらして帰る結果になります。

自身おっぱいは好きですが、男性ならわかるかと思いますが、かたちの良いおっぱいなら良いですが、汚いおっぱいもあります。

そうなるとテンションはかなり下がります。

個人的にはもういきたくはありませんが、安価で揉みたいときは利用したいです。

引っ越してからそのようなお店もないし、すでに結婚しているとい理由と、欲求をみたせる場所でもないためおそらく行きません。

次はデリヘルに行こうと思います!

デリヘルは値引きをしてもらえるかがカギを握ります

デリヘルは、店舗のヘルスと比較して電話やインターネットでの予約が出来て何よりお段が手ごろなのが便利ですが、たまたま観光に行っていたりして知らないエリアだったりすると電話での予約は中々躊躇するもの。

その時は、街中での良さげなキャッチからの即日デリヘルがおすすめです。また、デリヘルの客引きは男性が多いのが一般的ですが、女性がキャッチする客引きもありますね。
風俗で有名な北海道札幌のすすきの付近は、男性より女性のキャッチが中心で、私が行った時は、割引交渉をしてホテル代含みで15,000円を少し超えた程度で、ホテル代コミの割には気持ちくプレー出来ました。

プレーするならそんなに美人過ぎだから良いのではなく、中間レベルの人が最も良いのではないのでしょうか。風俗以外に飲みに行ったりして美人だけのお店に行くと、『何か場違いじゃない』というのも多々あります。風俗も同じで、美人勢揃いの店は場違いな感じもしますし躊躇してしまいますね。

何よりも、街中でのデリヘルのメリットは、交渉が出来ますので、口上を作ったりすれば、2,000円~3,000円の値引き交渉には応じてくれます。

実際に、すすきので女性のキャッチからのデリヘル利用しましたが、ホテル代コミで最初は20,000円提示されましたが、これから飲みに行くのでお金がギリギリとお話しただけで、3,000円値引きに応じてくれました。安くプレーが出来ましたので、その次の飲み会も楽しめましたのでとても効果がありました。

すすきの、正直デリヘル店員の神対応

すすきのの自宅にデリヘルを呼ぶことにした。
その日は金曜日。通勤時からすすきののデリヘルのHPをチェックし、候補店をしぼる。
帰宅してからはPCにて入念にデリヘル嬢のチェック。
身長、体重、スリーサイズはほとんど当てに出来ないのが風俗業界の掟。
僕が選んだのは、「動画」紹介が豊富な店。
これでもかと細部にわたって熟考の末、えらんだデリヘル嬢「かすみちゃん」
深夜12時。いざ、店舗に電話する。
「もしもしーー!」
景気のいいハイテンションの店員が電話口に出る。
「わたくし担当のウエダと申します!」
丁寧にも名前を名乗るデリヘルのようだ。
自宅住所、希望コースなどを伝えると終止ハイテンション。
いよいよ指名のデリヘル嬢の名前を告げると、
「・・・お客様。。」
急にウエダのテンションが下がる。
「お客様は、ご新規様ですので、是非またお電話を頂きたい。。ですからウエダは正直に申し上げます。かすみちゃんは止めておいたほうがよろしいかと。。」
「え!?
なんで?? デブなの??」
「あ、いやー デブ?デブではないですが、ちょっとぽっちゃり目というかフクヨかというか。。」
「デブなんじゃん」
「あ、いや、その・・」
「あけみちゃんはどうですか!? リピーターも多くて絶対おすすめですから!!」
ウエダのあまりの剣幕にまけて結果あけみちゃんを指名。
可も無く不可も無い嬢だった。
ウエダにそこまで言わせる「かすみちゃん」
指名したくてうずうずするのは、ウエダの作戦なんだろうか?

すすきののデリヘルで遊びました。優しい人妻さんがお相手してくれました。

すすきのはソープよりも、デリヘルが一番人気があります。
ネットでお店を探して電話で日時と人妻さんを予約しました。
料金は、60分11,000円でした。

待ち合わせ場所で待っていますとそれらしき女性が洗われましたので、二人でホテルへ行きました。
彼女は事務所へ電話をしたのち、私から料金を受け取りました。

そして二人で一緒にシャワーを浴びました。
彼女は優しく私を洗ってくれ、バスタオルで拭いてくれました。
大人しそうな30代後半くらいな人妻女性です。

ベッドでプレイ開始です。
まずディープキスをしてくれました。
その後全身なめをしてくれシックスナインもありでした。
上手です。
私は彼女にお任せしますと言ってあるので、彼女がリードして私を快感の渦に巻き込んでくれました。
彼女はおっぱいプレイの後、フェラと素またもしてくれました。
もう行きそうになりました。

彼女に行きそうと言うとまだ駄目と言って、ディープキスを何回もしてくれました。
すごい技巧です。
彼女は、多分時間を考えながら手こきをしてくれたりわたしのおっぱいを刺激したりして私が興奮を保つよう頑張ってくれました。
真面目な人妻です。
時間近くになるとフェラで刺激して口の中へ出してくださいと言いました。
私はまさかいいのかなと考えているうちに快感が頂点に達して彼女の口の中へ出してしまいました。
その後二人でシャワーを浴びてまた丁寧に拭いてくれました。
デリヘルに感謝です。

すすきので人肌恋しい夜にデリヘル熟女と熱いひととき

出張で高知に頻繁に行ってました。

その日はホテルに帰ってなんとも人肌恋しくなり、デリヘルを呼ぶことにしました。

とにかくやりたいだけなら、若いほうがいいんですが、人肌恋しさから、ちょっと年齢が高めの熟女系にすることにしました。

スマホで何店かデリヘルをピックアップし、嬢の写真を見ながら、電話。

あまり待ちたくなかったので、すぐに来れそうな嬢を選びました。

あまり期待せず待ってたところ、それほど美人ではなかったですが、明るくて雰囲気のいい嬢が来て、思わず小さくガッツポーズでした。

ちょっと話しをして、一緒にシャワー。

お互いにきれいに洗いあって、ベッドでまたちょっとおしゃべり。

九州から来てるみたいでした。でいよいよ。さすが熟女。

なんともいやらしい舌使いで、とにかく気持ちいいの一言。

すぐにいくのはもったいないので、途中で止めて、今度はこっちが攻める側になり、優しく、ときに激しく楽しみました。

そろそろ時間もなくなってきたので、攻守を入れ替えて、いやらしく攻められ、あっという間に昇天…。

最高に気持ちよかったです。終わった後も、仲良くシャワーをして、今度はマッサージもしてあげるね。

と約束をしてお別れしました。

田舎だけにあまり期待してなかっただけに、楽しい時間を過ごせてよかったです。

夜のすすきのでデリヘルは呼んだときのお話。

夜のすすきの

仕事が繁忙期で夜遅くまで仕事をしていたときのこと。
翌日が重要な会議が朝からあったので
その日はすすきののビジネスホテルに泊まることに。

普段はセクキャバからピンサロなどのコースが多かったのですが、
ボーナスが入った直後ということもあり、自分へのご褒美ですすきでデリヘルを呼ぶこにしました。利用したのはデリヘルなどの風俗情報サイトスポットです。割引がいっぱい載ってるのでよく利用してます。

ホテルでドキドキしながら待っていると…
ようやく女性が現れました!!

ドアをあけると…想像以上に
スレンダーで美少女がやってきました。
芸能人で言うと鈴木奈々に似た感じの子。

おぉー!さすがデリヘル!なんて思いながら
プレイを始めたのですが…ん??なんか業務感がすごい。

恋人プレイって書いていたからキスもしたかったので
キスしていい??って言いながらキスをすると、
明らかに嫌がった顔している。

さらにフ●ラはゴム着けないとしない。
とか…

お前何さまや!!っていうくらい、
業務感がすごい美少女でした。

確かに顔は可愛かったのですが、
顔のランクを落としていいから
サービスの良い女の子に当たりたかった…

少しムカついたので時間ぎりぎりまで
奉仕を行ってもらい、
フィニッシュは突然出すという
意味の無い抵抗をして
プレイは終了しました。

なんやかんやでフィニッシュは出来たのですが、
なのか報われない気持ちになりました。